心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<千葉>

ホテル望洋


<所在地>
千倉町白間津

【現地案内】: 廃墟マニアの間では既に知られているホテル。
そこでは数々の怪奇現象が報告されていました。
かつてこのホテルで怪死を遂げた妊婦の霊。
ホテルにタクシーの迎車を呼ぶと言う親子連れの霊。
その類の話は枚挙にいとまがありません。
近くにはボロボロに朽ちた従業員寮もありました。
では、ホテル望洋の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成16年3月29日
・時刻:0時30分頃
【メンバー】: @管理人、下村三等兵様、龍子様、小泉様、パナ様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-千葉 : ホテル望洋】



■レポート構成:探索レポート、全3ページ
■現場写真:展示中写真15枚 / ボツ写真0枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】

【ホテル望洋-概要】
有名な廃墟サイトで詳しく紹介されていた物件です。
廃墟物件としては、かなり大型です。

しかし、ここは心霊スポットとしてもかなり有名なようです。
窓から覗く男の顔、徘徊する血まみれの足…など。
それらの話の元となるような話は未確認のままです。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


東京】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■ホテル外観
海沿いの通りの脇にホテルは聳えています。
この写真は屋敷サカヱさんより提供頂きました。





■正面
表玄関に廻り、ホテルの正面を撮影しました。
無機質な窓の数々が、校舎を連想させます。





■非常階段
裏の角を曲がった先に非常階段口があります。
もちろん、全ての扉は厳重に封鎖されています。





■鉄板
穴の空いた所に鉄板が埋め込まれていました。
段差もあるので、ここから入るのは危険です。





■1階通路東側
僅かなスペースからホテルの中に入りました。
ここは、ロビーへと続いている1階通路です。




【トップ】 【次ページ】