■観光案内板
側道を進んで行くと、小さな休憩所がありました。
案内板には、このダムの歴史が書かれています。





■石柱
脚部は、かなり頑丈な石造りで出来ています。
こうして眺めてみると、かなりな大きさですね。





■荷重制限6t
斜めから見上げると、こんな感じになります。
この橋自体の荷重制限は6tとなっています。





■船代橋
対岸へと架かる船代橋を渡る事にしました。
赤い欄干が、何とも嫌な想像を掻き立てます。





■問題のトイレ
これが霊の目撃談が報告されているトイレです。
橋を渡って間もない地点に存在しています。




【トップ】 【次ページ】