心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<千葉>

ねんねこ坂


<所在地>
勝浦市内浦

【現地案内】: 稲川淳二さんの怪談話、「ねんねこ坂」
この怪談話の舞台となる現場が鴨川市にあります。
幾つもの激しい九十九折れを繰り返す急坂。
岩高山中腹にかつて存在していた電話ボックス。
その背景には、忌まわしい事件の記憶が…。
今回は地元での聞き込みを経て現地入りしました。
では、ねんねこ坂の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成22年12月4日
・時刻:1時45分頃
【メンバー】: @管理人-単独取材
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 探索レポート動画編:ねんねこ坂
(Windows Media Player 収録:53秒)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-千葉 : ねんねこ坂】



■レポート構成:探索レポート、全3ページ
■現場写真:展示中写真15枚 / ボツ写真4枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】

【ねんねこ坂-概要】
地元のタクシー運転手さんから聞いた話。
それを聞いて、この地に纏わる曰く因縁を感じました。

中腹にかつて存在していたという謎の電話ボックス。
厳しい連続カーブで相次いだ転落死亡事故…。
それには全て理由があったという事のようです。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


東京】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■国道82号線
鴨川市外から国道82号線に入ってきました。
最初は急峻ではなく、緩やかな登りです。





■怪談話
片手にはそそり立った崖、片手には谷。
まさに怪談話「ねんねこ坂」そのものですね。





■ガードレール
地元のタクシーの運転手さんから聞いた話。
この坂には地元でもタブーの場所があるとか…。





■カーブミラー
異常なほど右手が攣った時に撮った一枚です。
私は何かの気配を感じるといつもこうなります。





■路面
しばらくすると右手の攣りは感じなくなりました。
ここからは徒歩で進んで行く事とします。




【トップ】 【次ページ】