心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<神奈川>

大観山


<所在地>
湯河原町鍛治屋

【現地案内】: はるかに湯河原の温泉街を見下ろす大観山。
そのような場所にある、由緒正しき岩穴地蔵の群れ。
歴史にちなんで「しとどの窟」と呼ばれています。
しかし、ここでも恐怖体験が語られるようになりました。
岩穴地蔵群の入口にある駐車場の一角。
そこに佇む灯篭の陰で…そんな体験談でした。
では、大観山の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成24年12月8日
・時刻:23時15分頃
【メンバー】: @管理人、むわんでし様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-神奈川 : 大観山】



■レポート構成:探索レポート、全3ページ
■現場写真:展示中写真15枚 / ボツ写真8枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】

【大観山-概要】
山独特の寒風と相まって漂う神聖な雰囲気。
この地に立ったときにまず感じた第一印象です。

取材の関係上、車のライトを消して取材に臨みました。
辺りには明かりはなく、まさに真っ暗闇そのもの。
すぐ傍にあるトンネルからは終始不可解な物音が…。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【埼玉】【山梨】【その他




■城山トンネル
大観山頂上から椿スカイラインを降りて来ます。
分岐を取り、城山トンネルを越えました。





■灯篭
ここが「しとどの窟」駐車場の入口です。
先の話にあった灯篭の陰とは、ここでしょうか。





■老朽化
どうもあまり手入れされていないようですね。
辺鄙な場所にあるので仕方ないかもしれません。





■ベンチ越し
光源がないので、実際は先が全く見えません。
肌を切り裂くような寒さが身に染みます。





■朱色
お堂のようなものですが、一部変色しています。
土台の部分が朱色になっているのが何とも…。




【トップ】 【次ページ】