心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<神奈川>

宮前弁天


<所在地>
川崎市野川

【現地案内】: 人々の喧騒の中で打ち棄てられていく廃神社。
そんな表現がピッタリくるのが、この宮前弁天です。
周囲一帯には閑静な住宅街が広がっています。
それだけに、この一角に漂う雰囲気は異様です。
鬱蒼と生い茂る森、階段の先にある古びた本堂。
そこには何者かが棲み着いている気配すら漂います。
では、宮前弁天の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成22年9月18日
・時刻:1時15分頃
【メンバー】: @管理人、安永様、タラ様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-神奈川 : 宮前弁天】



■レポート構成:探索レポート、全3ページ
■現場写真:展示中写真15枚 / ボツ写真6枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】

【宮前弁天-概要】
2010年度、秋季集中探索の第一弾となります。
今回はお客様からの情報提供に基づく取材です。

言質に違わぬような暗闇の存在感。
この八幡宮周辺のエリアも怪奇現象多発地帯だとか。
今回は、そんな宮前弁天の今を取材してきました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【埼玉】【山梨】【その他




■分岐点
バスが走る幹線道路から一本奥へと入ります。
ここが宮前弁天への入口となります。





■八幡宮入口
小さな階段を経ると鳥居が見えてきました。
ひんやりとした空気が漂ってきた気がします。





■鳥居
既に銘板は損壊していて見る術が有りません。
思いのほか老朽化が激しいようですね。





■水汲所
鳥居のすぐ脇には並ぶように水汲所があります。
既に枯れているようで水は出ませんでした。





■屋根
大なり小なり手入れはされているようですね。
綺麗に磨かれた痕跡が見つかりました。




【トップ】 【次ページ】