心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<埼玉>

埼玉引水路


<所在地>
加須市須加

【現地案内】: むわんでしさんは、訳あって埼玉に縁があります。
その彼が教えてくれたのが、この埼玉引水路でした。
ここでは、年に何回か水死体が発見されています。
確かに、ここは事故が起きやすいと思います。
絶え間なく続く轟音、辺り一帯の圧倒的な暗さ。
それが、事故や事件を誘発するのかもしれません。
では、埼玉引水路の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成17年5月25日
・時刻:0時30分頃
【メンバー】: @管理人、むわんでし様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-埼玉 : 埼玉引水路】



■レポート構成:探索レポート、全2ページ
■現場写真:展示中写真10枚 / ボツ写真0枚
■ページ直接移動:【1】【2】

【埼玉引水路-概要】
群馬県との県境、利根水系から流れ出る埼玉引水路。
武蔵大橋に隣接して大きな堰が設けられています。

ここは流れてきた遺体が引っ掛かる所でもあります。
そして、この土手では事件も起こったと言われています。
そのような曰くが伝えられている地を取材してきました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【神奈川】【山梨】【その他




■土手の看板
武蔵大橋の手前から土手道に入ってきました。
ここでは、漁や遊泳は禁止されていますね。





■引水路
路地から伸びている階段を降りて来ました。
見て解る通り、川幅も相当大きい引水路です。





■堰
轟音の中、堰がその姿を現してきました。
思わず圧倒されてしまうほどの大きさでした。





■階段
管制室に繋がっている階段なのでしょうか。
凄い水量なので、常に轟音が響いています。





■背面
堰の反対側まで回ってみる事にしました。
建物の裏を迂回して階段を登って行きます。




【トップ】 【次ページ】