心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<埼玉>

鹿の湯


<所在地>
秩父市荒川白久

【現地案内】: 山深い地にうち棄てられた廃墟が存在している…。
鹿の湯を一言で表すと、そんな言葉が適切です。
痛みが激しく崩壊の危険が進むこの廃墟。
そんな中、奇妙だったのが張り巡らされたお札の山。
三峰神社への信仰で張られたのかもしれません。
無数に張り巡らされたお札は不気味そのものでした。
では、鹿の湯の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成16年9月23日
・時刻:2時15分頃
【メンバー】: @管理人、下村三等兵様、龍子様、小泉様、パナ様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 探索レポート動画編:鹿の湯
(Windows Media Player 収録:2分3秒)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-埼玉 : 鹿の湯】



■レポート構成:探索レポート、全7ページ
■現場写真:展示中写真35枚 / ボツ写真5枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

【鹿の湯-概要】
鹿の湯、秩父七湯の一つに数えられる名湯です。
既に、廃墟化してから十数年が経過しているとか…。

白久駅から分岐した険しい山道を走る事、約20分。
暗闇の中、目の前に現れた不気味な和風旅館。
予想外の巨大廃墟、危険極まりない探索となりました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【神奈川】【山梨】【その他




■鹿の湯
鹿の湯の外観が遠目に見えてきました。
見えてきた時、その様子に少しギョッとしました。





■アップ
窓は外れ落ち、崩壊が進んでいるようです。
とりあえずは正面玄関を探してみる事にします。





■側壁
長屋と思われる建物の側壁を撮影しました。
このすぐ左手には、小さな川が流れていました。





■先人の痕跡
誰かが探索に入ったような痕跡がありました。
とりあえず、夜中の探索は危険そうな物件です。





■ビニール
奇異なことに、ビニールが張り巡らされています。
補強した跡でもないので、何でしょうかね。




【トップ】 【次ページ】