心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<埼玉>

名栗少年自然の家


<所在地>
飯能市上名栗

【現地案内】: バブル景気を迎え、世間が活況を見せた1980年代。
そんな世相の裏で発生した連続幼女誘拐殺人事件。
儚い豊かさの裏で、暗い欲望を研ぎ澄ました男。
その男こそが世間を震撼させた男・宮崎勤です。
名栗少年自然の家も事件の舞台となりました。
ここで幼女が殺害され、遺棄されたといいます。
では、名栗少年自然の家の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成20年10月12日
・時刻:1時30分頃
【メンバー】: @管理人-単独取材
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 探索レポート動画編:名栗少年自然の家
(Windows Media Player 収録:56秒)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-埼玉 : 名栗少年自然の家】



■レポート構成:探索レポート、全3ページ
■現場写真:展示中写真15枚 / ボツ写真4枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】

【名栗少年自然の家-概要】
普段は少年少女の歓声に沸くであろう、この地。
そこに、かつて宮崎の暗い影が忍び寄っていました。

望まぬドライブに連れ出されてしまった少女は、
この駐車場で首を絞められ殺害されたといいます。
歴史に残る凶悪な犯罪が行われた現場です。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【神奈川】【山梨】【その他




■朽ちた看板
曲がりくねった峠道をひたすら登ってきました。
いのししなべ、長者めしの看板があります。





■入口
うっかりすると見落としてしまいそうな道です。
ここから少年自然の家の裏手に出ていきます。





■山火事注意
山火事注意の看板が建てられていました。
だが、その余裕も消え失せる雰囲気が漂います。





■上り坂
車の離合すら出来ないくらいに狭い道です。
まもなく少年自然の家に到着します。





■標識
程なくして、到着を示す看板が出てきました。
現在は名称が変更されているようですね。




【トップ】 【次ページ】