心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<栃木>

清湧館


<所在地>
日光市川俣

【現地案内】: 観光客で賑わいを見せる鬼怒川温泉から更に奥地。
深山幽谷の連なる峻険な山道を進むこと数十キロ。
知る人ぞ知る秘湯として名高い川俣温泉郷。
その一角に、今回ご紹介する清湧館があります。
点在する廃墟群の中でも一際異彩を放つその姿。
今回は、そんな廃墟への内部潜入を試みてみました。
では、清湧館の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成29年5月29日
・時刻:3時35分頃
【メンバー】: @管理人、浅沼様、ゆう様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-栃木 : 清湧館】



■レポート構成:探索レポート、全4ページ
■現場写真:展示中写真20枚 / ボツ写真6枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】

【清湧館-概要】
女夫渕温泉、日光沢、八丁湯、加仁湯、手白澤。
秘湯として温泉マニアには有名な奥鬼怒の地。

そこに至る途中に存在する川俣温泉郷。
特に観光地も無く、寂れた雰囲気が漂う温泉地。
この廃墟は、その温泉地の外れに存在していました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【神奈川】【埼玉】【山梨




■急坂
東武日光駅を通過し、霧降高原道路に入ります。
かなり厳しいヘアピンカーブが続きます。





■大笹牧場へ
観光名所・六方沢橋を越えると下り坂です。
このまま大笹牧場を目指して進んで行きます。





■工事現場
道中、何ヶ所か大規模工事現場がありました。
道路補修にしては大掛かり過ぎますね。





■出入口
工事用トラック等の搬入口か何かなのでしょうか。
分厚い鉄板が敷かれており、物々しい様子です。





■川俣方面へ
大笹牧場のT字路から川俣方面に向かいます。
栗山地区の前後は長いトンネルが連続します。




【トップ】 【次ページ】