心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<東京>

港南JRガード


<所在地>
港区芝浦

【現地案内】: タクシーが品川へ抜けるために活用されるガード。
正式には高輪橋架道橋というようです。
人が歩いて抜けるのにも頭をぶつけそうになる高さ。
その狭小な空間では恐怖体験も報告されています。
そのひとつが「防空頭巾の少女」の存在。
それは何かを暗示する予兆なのでしょうか。
では、港南JRガードの様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成24年3月1日
・時刻:1時45分頃
【メンバー】: @管理人-単独取材
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-東京 : 港南JRガード】



■レポート構成:探索レポート、全4ページ
■現場写真:展示中写真20枚 / ボツ写真8枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】

【港南JRガード-概要】
天井高ゆえに物凄い圧迫感に襲われます。
そして、件の体験談が恐怖心に拍車をかけます。

例えるならば「日常から非日常へ」
このガードに足を踏み入れた瞬間、そう感じました。
そして、ここで私はある体験をしました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■泉岳寺方面抗口
今回は泉岳寺方面からアプローチしていきます。
ご覧の通りの狭さで、少し驚きました。





■制限高
制限高1.5Mとの注意書きがありました。
タクシーなどでもギリギリの高さかもしれません。





■点滅灯
無人の道路に点滅灯…無機質さが際立ちます。
件の怪談の話もあわせ、背中が寒くなります。





■切れ目
いったん天井がなくなる部分があります。
調べたところ、JR用地との継ぎ目のようですね。





■車道から
さすがにこの時間では車の通行はありません。
車道に出て、これから進む方向を写しました。




【トップ】 【次ページ】