心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<東京>

大垂水峠


<所在地>
八王子市南浅川町

【現地案内】: 全国各地で聞き及ぶ首なしライダーの怪談。
この大垂水峠も例に漏れず、その話はありました。
黄色いバイクに跨った首なしライダーの存在。
それに追い付かれると必ず事故に巻き込まれる…。
こんな奇妙な話が駆け巡ったこともある大垂水峠。
そこは、厳しいカーブが連続する山の難所でした。
では、大垂水峠の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成24年5月1日
・時刻:1時45分頃
【メンバー】: @管理人、野崎様、飯田様、ゆら様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-東京 : 大垂水峠】



■レポート構成:探索レポート、全6ページ
■現場写真:展示中写真30枚 / ボツ写真11枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】【5】【6】

【大垂水峠-概要】
かつては相模湖周辺を一望出来ることで知られ、
ドライブコースとして人気を誇った大垂水峠。

茶屋をはじめ、お店が軒を連ねていた峠。
しかし、ここはドリフト族の急増とともに荒廃が進み、
今では廃墟が残る峠となってしまいました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■高尾山口から
今回は高尾山口駅を起点として探索をします。
駅を越えると、直ぐに登りがはじまります。





■浅川の橋
小川のような流れを跨ぐ橋がありました。
ここは台風のときは増水すると聞いております。





■急カーブ
普通の峠よりも見通しが悪い感じですね。
それも事故が多発する理由なのかもしれません。





■道路標識
制限速度は30キロと規制されています。
日中は歩行者も居ますので妥当な制限です。





■封鎖
待避所の先にこのような箇所がありました。
これは旧道への入口か何かなのでしょうかね。




【トップ】 【次ページ】