心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<東京>

たっちゃん池


<所在地>
東村山市多摩湖町

【現地案内】: 東村山音頭で有名になった東京都東村山市。
市境に位置する狭山丘陵にある、たっちゃん池。
そこではかつて、悲しい事故が起きていました。
昭和初期、ここを遊び場としていた幼い子どもたち。
その中であったという悲劇の溺死事故。
遺児の名をとり、たっちゃん池と名づけられました。
では、たっちゃん池の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成24年5月1日
・時刻:3時30分頃
【メンバー】: @管理人、野崎様、飯田様、ゆら様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-東京 : たっちゃん池】



■レポート構成:探索レポート、全7ページ
■現場写真:展示中写真35枚 / ボツ写真8枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

【たっちゃん池-概要】
都心への通勤圏であり、宅地開発が進む東村山市。
一方で、豊かな自然に囲まれた地でもあります。

きれいに整備された緑地公園の中にある、この池。
はるか遠くにのぞむ都市の明かりに照らされた川面は、
今は亡き遺児の悲しみの表情にも見えました。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■謎の建造物
西武多摩湖線の武蔵大和駅前から探索します。
駐輪場の脇に謎の建造物がありました。





■焼却炉か
内部をのぞいてみたら燃えカスがありました。
何かを燃やすための焼却炉かもしれませんね。





■自転車道
車道のほかに自転車専用の道路がありました。
サイクリングには最適なロケーションですね。





■狭山公園入口
しばらく道なりに登ると狭山公園入口に至ります。
たっちゃん池にはここから入っていきます。





■街灯
車両の進入は禁止ですが、徒歩では入れます。
寂しげな街灯が心許ない感じですね。




【トップ】 【次ページ】