心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<東京>

海沢トンネル


<所在地>
奥多摩町海沢

【現地案内】: アメリカキャンプ村の奥地に密かに佇むトンネル。
それが、この海沢トンネルです。
急な山の斜面を登る林道の途中にある、このトンネル。
時代を感じさせる、古めかしいレンガ造り。
日常から隔離されたかのような山奥に在り続ける姿。
それはまさに、魔界への入口を呈していました。
では、海沢トンネルの様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成17年12月26日
・時刻:23時45分頃
【メンバー】: @管理人、むわんでし様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-東京 : 海沢トンネル】



■レポート構成:探索レポート、全2ページ
■現場写真:展示中写真10枚 / ボツ写真4枚
■ページ直接移動:【1】【2】

【海沢トンネル-概要】
緑色に変色したレンガ、苔蒸したシミだらけの壁。
ライトに浮かび上がる不気味な姿に圧倒されました。

間口の狭いトンネル、内部に進入する度、反響する足音。
全長は200メートルに満たないトンネルですが、
意外と知られていない穴場ではないかと思います。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【神奈川】【埼玉】【山梨】【その他




■弥生橋
秘境の地、奥多摩にやってまいりました。
アメリカキャンプ場を越えて先に進みます。





■海沢トンネル
弥生橋を越えると直ぐに海沢トンネルです。
暗すぎて、先まで見通せなくなっていますね。





■注意看板
未だに通行している車が居るのでしょうか。
すっかり錆びついた看板が落ちていました。





■銘板
銘板には『海沢随道』と書かれていました。
この頃から、左手の平が痛くなってきました。





■トンネル内
内部に進入するのに躊躇してしまいました。
車のライトをハイビームにして照らしてみました。




【トップ】 【次ページ】