心霊スポット探索レポート
〜関東編〜
<山梨>

山伏峠


<所在地>
道志村白井平

【現地案内】: 眼下に富士五湖を望む事が出来る絶景ポイント。
その峠は、山伏峠と呼ばれています。
ここは古くからの伝承が残る由緒ある土地のようです。
そんな土地にひっそりと佇む寂れ切った古いトンネル。
人が行き交う事も無くなった寂しい登山道の脇に、
このトンネルは密かに口を空けていました。
では、山伏峠の様子をレポートします。
【探索日】: ・日付:平成18年8月26日
・時刻:2時30分頃
【メンバー】: @管理人、下村三等兵様、パナ様
【撮影】:@管理人 【記事執筆】:@管理人
【動画】: 当レポートの動画配信予定はございません。
(動画取材実績なし、写真レポートのみ)
【詳細情報】: リンク先ページの情報を参照下さい ⇒ 情報

【探索レポート-山梨 : 山伏峠】



■レポート構成:探索レポート、全4ページ
■現場写真:展示中写真20枚 / ボツ写真5枚
■ページ直接移動:【1】【2】【3】【4】

【山伏峠-概要】
富士探索の帰りに立ち寄る事にした山伏峠。
深い山々に埋もれるかのように口を空けるトンネル。

その姿には近づくのを躊躇させる異彩がありました。
中からは冷たい風が常に吹き抜けてきています。
まるで、何者かが我々の侵入を拒むかのように…。

では、以下に現地の様子をご紹介していきます。


千葉】【東京】【神奈川】【埼玉】【その他




■分岐点
山梨県道志村方向から新道を登ってきました。
新トンネル手前から道が分岐しています。





■ロープ
車両置き場のような広場が作られています。
ここから旧トンネルへと進んでいきます。





■閉鎖
侵入防止の為か、ロープが張られていました。
トンネルは木の扉で頑丈に閉鎖されています。





■入口
勝手口のような感じの入口が設けられています。
中は荷物置き場で使われているようです。





■トンネル内
内部に侵入してみる事にしました。
思っていたよりも広い構造になっています。




【トップ】 【次ページ】