現在開催中の擬態する、成長すると色や模様が変わるなど、「化ける」生き物たちをテーマにした特別展「化ケモノ(ばけもの)展」の累計来場者数が10万人を突破したことを記念して、会期を2019年2月11日(月・祝)まで延長することが決定!

身体を変化させるユニークな生き物♪

出典: prtimes.jp

「化ケモノ(ばけもの)展」は、身を守るために身体を変化させる、あるいは有毒生物に体の模様を似させるなど、「擬態」する生き物に焦点を当てた特別展!

敵から身を守る際、体を細くすることで木の枝にカモフラージュするフクロウ「アフリカオオコノハズク」や、尖った目と鼻の先と、全身茶褐色で枯れ葉のように見えるカエル「ミツヅノコノハガエル」、幼魚から成魚への成長で模様が変わる魚「タテジマキンチャクダイ」など、約30種類の生き物たちを紹介してくれます♡

会場は4つのゾーンで構成!

様々な生き物の展示と共に擬態の仕組みや種類を学ぶことが出来る「擬態解説」、巧みに隠れた擬態生物を実際に探しながら観覧する「惑わしの森」、海の生き物に焦点を当てた「騙しの海」、擬態という枠を超え生き残り戦略を知る「番外編」と、それぞれ異なるテーマで、ユニークな生態に触れる事ができます♪

擬態レベルがもはや“神”?!

出典: prtimes.jp

中には見つけるのが困難なほど上手に擬態した“神レベル”の「化ケモノ」も…?

じめじめと湿った熱帯雨林の木の葉に擬態し、捕食者から見つからないようにしているコノハムシの仲間も新たに登場♪

擬態ランクがアップした化ケモノも♡

出典: prtimes.jp

どこにいるかわからない!という声が多くあったため、擬態レベルがアップした化ケモノも。

砂地に生息するヒラメは体内にある色素胞を使って擬態を行っており、背景に合わせて色を変化させる擬態の上級者。

砂地が 反射する光の量を感じて、色素胞を拡散させたり、集合させたりして、体表の模様を作り出しています。

その他人気の”化ける”生物がいっぱい!

リーフフィッシュ

出典: prtimes.jp

ミツヅノコノハガエル

出典: prtimes.jp

カフェやグッズも♪

出典: prtimes.jp

サンシャイン水族館内の「カナロア カフェ」とグッズショップの「ショップ アクアポケット」では、擬態生物をモチーフにした関連メニューやグッズも販売されます♡

開催概要

出典: sunshinecity.co.jp
■化ケモノ(ばけもの)展
開催期間:2018年6月28日(木)〜2019年2月11日
時間:10:00〜21:00
※9月25日(火)〜11月25日(日)は10:00〜18:00。
※最終入場は終了30分前。
※水族館本館の営業時間に準じ変更となる。
会場:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 特別展会場
料金:600円
※水族館本館の利用者および水族館・展望台の年間パスポートの所持者、対象施設(※1)・イベントの利用者は400円。
(※1)SKY CIRCUS サンシャイン60展望台/コニカミノルタプラネタリウム”満天”/古代オリエント博物館/ナンジャタウン/J-WORLD TOKYOなど
※混雑の状況により、整理券を配布する場合あり。
関連キーワード
関連記事
《2/28~》Dior(ディオール)の”シアター”が表参道に♡新リップの期間限定ポップアップストア開催!
《開催中!》”何枚入るの?”『マスク詰め放題とか本気?!』PITTA MASK(ピッタマスク)のポップアップイベントが神過ぎるんです♡
サンリオピューロランド 「スイーツピューロ ~very berry sweets パーティ~」開催♡
【2019福岡最新版】ロマンチックな冬の絶景が盛沢山!福岡のおすすめイルミネーション7選!
【2019京都最新版】1年で1番ロマンチックなこの季節♡京都のおすすめイルミネーション7選!
【2019千葉最新版】煌めく冬がやってきた♡千葉のおすすめイルミネーション7選!
【2019愛知最新版】幻想的な光に包まれて♡愛知のおすすめイルミネーション7選!
【2019埼玉最新版】冬のお出かけはココで決まり♡埼玉のおすすめイルミネーション7選!
【2019神奈川最新版】まるで宝石箱みたい♡神奈川のおすすめイルミネーション7選!
【2019大阪最新版】行かないなんてもったいない♡大阪のおすすめイルミネーション7選!
【2019東京最新版】今年はどこに行く?絶対行くべきな東京のおすすめイルミネーション7選!
《東京都内》この秋おでかけに行くならチェックしたい!絶対楽しいおすすめイベント4選♩
【見逃し厳禁!】人気コスメブランドの期間限定ポップアップストア&イベント6選!
山口・宇部市のときわ公園にチームラボの展示が今年も登場!”世界を旅する植物館 水の道 光の道”☆